幹事さんのための居酒屋Information

居酒屋は集まるメンバーによって、料理の内容や飲み物など、事前に確認しなくても料理のメニューが豊富なので、その場で好きなものを注文できます。

スーパーのちくわ

スーパーに夕方行くとよく、ちくわが3割引きなどで売られています。賞味期限が近いため安くなっていますが、一気に4本は使えない、そんな時わたしは冷凍してしまいます。

先日長期旅行から帰って来た時、荷物も重たくスーパーによらず帰宅しました。わたしが具合が悪く、夕食を作れそうになかったので出前でもとろうかと思っていましたが、旦那が焼きそばでよかったら作れると作ってくれました。

冷蔵庫もほとんどカラにしており、普段は料理をすることはない旦那が冷凍していたちくわを入れて、焼きそばを作ってくれました。解凍して切るだけだから簡単だったと言っておりました。

普段調理しない人にとって、お肉などの食品を扱うのは難しいと思いますが、簡単に使えて、味のアクセントにもなるちくわに便利な食品と感じました。

ちくわは生でも、調理することもできます

ちくわは生でも、調理することもできますので、冷蔵庫にあると重宝する食材の一つではないかと思います。

また、味もタンパクなので、他の食材を邪魔することなく、存在感のある味わいをだしてくれます。魚のすり身を原料としていますので、栄養価も高いです。

いろいろな面から見ても、大変バランスのとれた食材であると言えるでしょう。

家庭でもよく料理されるちくわ

冬の寒い日には食べたくなるのがおでんです。

おでんは日本ではどこででも食べる事ができ、家庭でもよく料理されていますし、またコンビニでも買う事ができます。手軽にさっと食べる事ができておいしいのが特徴です。

そのおでんにはいろんな具がありますが、皆さんはどの具が好きですか。おでんには卵、じゃがいも、ちくわ、大根などいろんな物が入っています。

また、おでんのタレは独特で、具のおいしさを更に引き立てています。人によって好みも違いますが、ちくわが好きだという人も多いのではないでしょうか。

また、卵なども人気の具です。たまには、おでんを食べたくなる時もありますね。

料理初心者が活用しやすいちくわ

いろんな食材がありますが、扱いやすい食材もあれば、そうではない食材もあるかと思います。料理初心者であっても、活用しやすい食材として、ちくわがあります。ちくわは、そのままでも食べる事ができ、また味もすでに付いています。

また、火が通っていないと食べにくい食材があるのに対して、ちくわは何もしなくても食べる事ができます。包丁で切る際にも、ほどよく柔らかいので、ちくわをカットしやすいと思います。

サラダや炒め物などいろんな料理にちくわをプラスすると、香ばしくなる事もあります。ですので、主婦の中には冷蔵庫には常にキープしているという人も多い様ですね。使い勝手がいい食材だといえそうですね。

ちくわの穴を使った料理

穴が開いているというのがちくわの特徴ですが、ちくわを使った料理においてはその穴を活用している事も多い様ですね。ちくわの穴に、チーズやきゅうりなどを入れる事ができます。子供と一緒に料理をする事ができそうですね。

お弁当を作る際に、ちょっとスペースが余ってしまったという事もあると思いますが、ちくわを使ってちょっと調理をするだけで、隙間を詰める事ができます。急いで出かけないといけない朝であっても、ちくわを取り入れると短い時間でお弁当を完成させる事ができるでしょう。お弁当を作る必要がある人は、ぜひストックしておきたいですね。また、晩御飯や朝御飯として使うのもいいですし、おやつにもなると思います。

小腹がすいた時にはちくわ

時には小腹がすいたと感じる時もあると思います。そんな時にスナックを食べる人もいるかもしれませんが、健康の事を考えるとちょっと気になるという人もいるかもしれませんね。そんな時にはちくわを使った料理がおすすめです。

冷蔵庫に入れておくだけで、ちくわを保管する事ができます。また、食べたい分だけを切って食べる事ができるちくわは、まさしく、小腹がすいた時に向いているといえそうです。

いつもちくわでは飽きてしまうというのであれば、ゴマをあえたり、青のりをかけたりして、アレンジするといつも違う味を楽しむ事ができます。また、ちくわにカレーパウダーをかけて、オーブントースターで温めてもおいしいそうです。

ちくわに関する記事

スクラバーについてのお問い合わせはここ。中華料理、会席料理、やきとり、ちくわのお問い合わせも受け付けています。

スクラバーや中華料理、会席料理、やきとり、ちくわの情報の今後増やしていきます。参考程度にしてください。

幹事さん必見情報

ちくわ

京都で会席料理

中華料理

やきとり

スクラバー