幹事さんのための居酒屋Information

居酒屋は集まるメンバーによって、料理の内容や飲み物など、事前に確認しなくても料理のメニューが豊富なので、その場で好きなものを注文できます。

コストを考えてスクラバーを決定

設備を導入する際には、コストがかかりますが、イニシャルコストのみならず、ランニングコストがかかる場合も多く、スクラバーを導入する際にも、コストの事を考えたいですね。

近年では、性能がいいスクラバーが出回っている事もあり、性能や効率が大幅に良くなりつつある様です。

それでも、複数台のスクラバーを導入していたり、大規模なスクラバーを導入している場合などには、コストが気になるという事もあるでしょう。

スクラバーはランニングコストなども含めて考える必要があります。あらゆる事を総合的に判断して決定する様にしたいですね。製品について、より詳しい事を知るという事から始めてみるといいでしょう。

アクアブラスターというスクラバーについて

スクラバーとは、気体中に含まれる微粒子を洗浄液で除去する装置のことです。このスクラバーの中には、アクアブラスターという強力な装置があります。アクアブラスターは、高い酸素溶解効率と強力な攪拌対流を両立しています。特殊散気管で微細気泡を発生させることで、溶存酸素濃度を高めています。

また、細部まで酸素を送ることにより、微生物の好気呼吸をサポートし代謝と分解を促進する効果があります。更に、微生物の自己消化を促進させることで、排水によって発生する汚泥量を大幅に削減することを可能にしています。そして、消費電力も大幅に少なくて済むため、ランニングコストの削減にもつながります。

設置を検討したいスクラバー

業務を進めるとなるとどうしても臭気を発してしまうという時には、スクラバーの設置が急がれる事もあります。スクラバーを設置するのはいいですが、広い場所が必要になります。また、スクラバーはかなり重さもあるので、設置後に何度も移動させるという事が厳しくなる事が予想されます。

そのため、スクラバーを設置するのであれば、その場所で問題ないかどうか検討しましょう。スクラバーの大きさや重さなどについては、事前に把握できる事でしょう。設置が完了すると、頻繁に作業をしないといけないという事はありませんが、時々カートリッジの交換などお手入れをする必要があります。その点についても考えておきましょう。

スクラバーを設置する際には届出が必要

スクラバー(洗浄塔システム)は、水質汚濁防止法における有害物質貯蔵指定施設とされているため、設置をする際には自治体に対して届出を行う必要があります。

届出書の様式は自治体ごとに異なりますが、工場や事業所の名称や所在地、スクラバーの仕様、設置工事の実施期間、洗浄塔システムを用いて行う汚水等の処理方法などを細かく記載しなければなりません。

届出書を提出せずにスクラバーを置いて運用をはじめたり、届出内容に虚偽があることがわかった場合は、法律違反として処罰されるので、新しい洗浄塔システムの運用を開始する際には忘れずに行政手続きを済ませましょう。

スクラバーに関する記事

幹事さん必見情報

ちくわ

京都で会席料理

中華料理

やきとり

スクラバー