幹事さんのための居酒屋Information

居酒屋は集まるメンバーによって、料理の内容や飲み物など、事前に確認しなくても料理のメニューが豊富なので、その場で好きなものを注文できます。

高い技術が用いられているスクラバー

排ガスをきれいにするスクラバーですが、その内部に非常に高い技術が用いられている事もあります。かなり前からスクラバーは工場などで使われていますが、古いスクラバーに比べると大量の充填材が必要ではなくなったり、もしくは使用されている水が腐敗しにくくなったりと品質は向上を続けている様です。

結果として、高い技術が用いられているスクラバーは、維持のためにかかる費用も低くより経済的になったりしている部分もある様です。

利用者にとっては、気軽にスクラバーを導入できるのではないでしょうか。付近で生活している住民から苦情があり悩んでいるというのであれば、すぐに対策を考える様にしたいですね。

スクラバーによる水銀回収

石炭や都市ごみを燃焼させた際に、非常に有害な水銀を含むガスが発生することがあり、これを取り除く必要があります。その際に用いられるのが湿式スクラバーです。

これは下からガスを送り込み、上から水などの溶媒を洗浄液として噴霧下降させることで、ガスを洗浄して、粒子や有害物を回収する装置になります。塩化物などとして存在する2価の水銀は水に溶けやすいため、回収が容易ですが、2価となっていない蒸気の状態のものは水に溶けにくいため、そのままでは回収しにくいものになります。そこで、スクラバーを循環する水にハロゲンを添加し、酸化し2価のハロゲン化物とすることで回収が容易になります。

種類が豊富なスクラバー

詳しく見てみると、スクラバーは種類が豊富にある事が分かります。まず、スクラバーの中には燃焼させる事によって、臭気や排ガスなどを除去する物があります。また活性炭に臭気を吸着させるというスクラバーもあります。

また、水などを使用した洗浄法によるスクラバーもあります。そして、微生物を利用して脱臭を行うというスクラバーもあります。臭気や排ガスなどを脱臭するという目的は同じであったとしても、仕組みは大きく異なります。

それぞれの仕組みによって、特徴は違います。そして、導入時にかかる費用と運営する際に必要なランニングコストにも差が出てくる事もあります。総合的に捉えてふさわしい物を選びましょう。

スクラバーのシステムとはいかに

スクラバーのシステムとは、化学実験室や、酸熱分解、化学工場というような有毒な物質を外へ放出する場所から有害ガスを吸着、水洗、薬液中和処理して大気に放出する装置を意味します。

そのスクラバーには、風の力を使って有害物質を集め放出するものと活性炭等の吸着剤で除去して放出するものがあります。いずれのシステムでも、有害物質を地中に立て流すことなく、大気圏に放出してくれるものなので、大変優秀です。

有害な物質によって、うまく使い分ければ、このスクラバーは大活躍することでしょうから、今後の技術革新にも期待が持てます。

手入れがしやすいスクラバーについて

たとえ優れた機能が搭載されたスクラバーであっても、手入れがしにくいものは使いにくいものになってしまいます。時代とともに機能性が良くなり進化を遂げていますが、手入れのしやすさについても同様に改良されています。

従来のスクラバーの掃除に労力や費用を割きたくない企業も多いです。その点、手入れがしやすいものについては、その場所で働いている人や、責任者にとってもより良いものだと感じる人が多いと思います。

多くのメーカーによってスクラバーの製造や販売がされていますので、しっかりとリサーチをしながら購入する事をおすすめします。

日本企業でよく使用されているスクラバーの主な種類

スクラバーには一体どのような種類があるのでしょうか?日本の企業でよく使用されている主な種類をご紹介します。

①湿式タイプ②乾式タイプ③小型タイプです。①は水に溶けるような成分を多く含んでいるガスに使用され、②は逆に水に溶けないような成分を多く含んでいるガスに使用されています。③の小型タイプは、大型のスクラバーを設置するまででもないが、やはりあった方がいいという時にとても便利です。

排ガス洗浄装置などと一緒にスクラバーを購入して使用されることが多く、化学メーカーや、製造業でよく見かけます。業者によってはその企業で出る廃棄物に合わせた特注品を製造することができるような所もあります。

スクラバーに関する記事

幹事さん必見情報

ちくわ

京都で会席料理

中華料理

やきとり

スクラバー