幹事さんのための居酒屋Information

居酒屋は集まるメンバーによって、料理の内容や飲み物など、事前に確認しなくても料理のメニューが豊富なので、その場で好きなものを注文できます。

ちくわの生産

昔ながらの嗜好品として珍重された、「蒲鉾や焼ちくわ」は原料や製法についての数多くの蘊蓄が語られるほどの歴史と伝統がありました。

その後、北海道で「冷凍すり身」の技術が開発されて以降は身近な食品として飛躍的な発展を見せました。

練り製品の生産量は平成元年830486トンでありましたが、そのうち「焼ちくわ」は184713トン、全体に占める割合は22%でした。

平成11年には654327トンの内、159830トンで24%となりました。

その後の推移を見ると、平成23年には507870トンに対し、101831トン20%でした。

練り製品が食品の分野で著しく減少を見せているのに対し「ちくわ」は頑張っているという感じです。

余ったちくわの冷凍保存方法

ちくわには、色々な使い道があります。かと言って、全て使い切るというのには、よほどレパートリーのある主婦の皆さんでない限り 難しいと言えるでしょう。新鮮なうちに使い切れればいいのですが、気が付けば冷蔵庫の肥やしに…という人も多いと思います。

そんな時のちくわの保存方法として注目されているのは、冷凍保存です。 余ったちくわは、パックなどに入れて冷凍庫へ入れておくだけです。

ちょっとひと手間ですが、その時に適度な大きさに切っておけば、 使いたいときにサッと使えて便利です。 そのパックの中の空気を抜いておけば、更においしさを長持ちさせることも可能です。

旦那様の晩酌のあてにとバリエーション豊かに使えるちくわ

子供のおやつに、お弁当のおかずに、旦那様の晩酌のあてにとバリエーション豊かに使えるちくわは、あと一品というときにも役に立ちます。

また、カロリーが控えめでヘルシーですので、ダイエット中の女性のお腹も満足させてくれるのではないでしょうか。

冷蔵庫に一つや二つのちくわを保存しておくのが便利です。

ちくわに関する記事

幹事さん必見情報

ちくわ

京都で会席料理

中華料理

やきとり

スクラバー